news

21-25/54件  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >

2014/01/14
2/24 ワインメーカーズディナーのご案内




毎度格別のご高配賜り誠にありがとうございます。
さて、この度エディション・コウジ シモムラでは、
ボルドー地方「シャトー・バタイエ」当主フィリップ・カスティージャ氏と
シャンパーニュ地方「ペユ・シモネ」当主ダヴィット・ペユ氏の両氏を迎え、
ミシュラン2つ星シェフ・下村浩司が手掛ける特別料理と共に味わうメーカーズディナーを開催いたします。
この会のために貴重なオールドヴィンテージもご用意致しました。
この貴重な機会、是非ご参加くださいますよう心よりお待ち申し上げます。

■日時:2014年2月24日月曜日 19:00 〜

■料金:26,000円(料理・ワイン・税金・サービス料込)
 ※お申込み後、代金を指定の口座へお振込頂きます。


■申込方法:お電話 03-5549-4562 又は E-mail :edition@koji-shimomura.jp にて承ります。(※先着順)
 担当:山田、齋藤



<ワインリスト>

S.A Pehu Simonet Grand Cru Brut Selection
S.A Pehu Simonet Grand Cru Brut Blanc de Noires
2005 Pehu Simonet Grand Cru Brut Millésime
2007 Château Batailley
1996 Château Batailley
1966 Château Batailley



◆ペユ・シモネ Pehu-Simonet
ダヴィット・ペユ氏
最高峰のグラン・クリュの1つであるヴェルズネイ村に4代続くペユ家。
現当主ダヴィッド・ペユは2000年よりドメーヌを受け継ぎ、ヴェルズネイを筆頭としたグラン・クリュ畑の卓越したテロワールから
緻密で気高く、スケールの大きい、ピノ・ノワールの特徴を余すことなく表現しています。
特筆すべきは、あのシャンパーニュの名門“クリュッグ”がモンターニュ・ド・ランスで生産されるピノ・ノワールを全てこのペユ・シモネから買い付けています。
そのほかマムにも卸しているなど、その実力はピノ・ノワールの名手として高く評価されています。



◆シャトー・バタイエ Château Batailley
フィリップ・カスティージャ氏
現在、メドック・グラン・クリュ・クラッセ委員会・会長、原産地統制名称国立研究所・全国委員会会長を務める。
さらに過去には、ボルドーワイン委員会・会長、ワイン・アンド・スピリッツ委員会・会長などを歴任し、ボルドーワイン業界の首領とも言われています。
また、サンテミリオンのCHトロット・ヴィエイユやポイヤックのCHランシュ・ムーサ、バタイェなどの数多くの銘醸シャトーの所有者であり
大手ネゴシアン・ボヌー・マリー社のオーナーでもある
シャトー・バタイエはポイヤック村にあり、メドック・グラン・クリュ・クラッセ第5級に格付けされていて、ポイヤックらしいクラシカルで力強いワインが特徴。

詳細はpdfをご覧ください。
↓↓↓


メーカーズディナーPDF.pdf
2011/12/07
Michelin guide Tokyo Yokohama Shonan 2012 Restaurants & Hotels

Michelin 2012
Michelin


毎度格別のご高配を賜り誠にありがとうございます。

この度発刊されました「ミシュランガイド 東京 横浜 湘南 2012年版」におきまして、
2つ星という栄誉を賜りました。

これからも皆様のご期待に添えるよう、スタッフ一同より一層の努力をして参ります。
何卒宜しくお願い申し上げます。



2011/10/11
『フェルミエ「本間るみ子」氏 & エディション・コウジ シモムラ プレミアムランチ』開催致しました

1


Mimolette
Mimolette


Roquefort
Roquefort


Dessert
Dessert


日本におけるチーズの第一人者として名高いフェルミエ「本間るみ子」氏を迎え、
シェフ・下村浩司が手掛ける特別料理とのコラボレーションによるプレミアムランチを、
定員数を上回る33名様のご参加で開催いたしました。

当日は、本間氏によるチーズの歴史や文化にまつわるお話を皮きりに、
シェフ下村の手による独創的なお料理一皿ごとに使用されたチーズの細かな背景など、
本間氏による様々な楽しいお話を交えた、あっという間の3時間でした。

--------------------------------------------------------------------
<MENU>
『フェルミエ & エディション プレミアムランチ』

トマトとスパイスのサブレ フェンネルの香るクリームチーズ
ポム・ヴィオレのフリットとミモレット・ジュンヌ
赤ビーツとコンテ・ド・モンターニュ
セル・シュール・シェールとブラックチェリーのコンフィチュール
マッシュルーム・ポロ葱・ターメリックとパルメザンのオーモニエール
    ♦
オレンジピーマンのリゾット 手長海老のロースト
ゴルゴンゾーラ・ピカンテのエスプーマ
    ♦
100%イベリコ種ベジョータ肉(プルマ)
岡山県吉田牧場のカチョカバロと玉葱のグラティネ
    ♦
ロックフォールとバナナのエクラゼ
    ♦
ブリア・サヴァラン・ア・ラ・パパイヤのサブレとトロピカルクーリ グラス・ヴェルヴェーヌ
    ♦
フレッシュハーブティー


--------------------------------------------------------------------


今回ご参加を承れませんでしたお客様には、大変ご迷惑をおかけ致しました。
次回は、来年の2月及び3月開催を予定しております。

開催が決定しましたら、ホームページにてご案内をさせて頂きます。

皆様のご参加を心よりお待ち致しております。


2011/07/30
インターネットでのご予約、承ります。

かねてより、ご要望の多かったインターネットでのご予約でございますが、
新システム導入により、24時間体制にて、ご対応させて頂くこととなりました。


オンライン予約専用ページ
上記リンクから、専用ページにアクセスすることができます。
是非ともご利用下さいませ。

また、新システム導入に伴い、今後、60日先までのお席をご用意させて頂くこととなりました。

なお、インターネットでのご予約は、2名様から4名様のお席をご用意しております。
5名様以上のご予約や、ご確認したい案件のございますお客様は、
通常通り、お電話にてご予約を承りますので、気軽にご連絡くださいませ。

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

2011/05/25
バンコクの5つ星ホテルにて『エディション・コウジ シモムラ』のイベントを開催


写真1



写真2



写真3



写真4


1
写真5


この度、バンコク(タイ)の5ツ星ホテル『ザ スコータイ バンコック』にて、
ホテルの20周年を記念して、シェフ下村がホテルより招聘を受け
3/9から3/12まで(4日間)、ホテル内のレストラン「ラ・スカーラ」にて
『エディション・コウジ シモムラ』の特別イベントを開催致しました。

また、イベントを終えた翌週の14日(月)には、現地のシェフやメディアを
集めての現地タイ味の素主催の『UMAMIセミナー』の講師として登壇。
シェフ下村の料理や料理哲学をレクチャーして参りました。


『ザ スコータイ バンコック』の紹介はこちら

【写真1】 ホテル入口に掛けられた懸垂幕

 『The Art of Dining』 (今回のイベントタイトル)
 シェフの写真が大きくプリントされ、イベントを告知する懸垂幕の前で
 

【写真2】 料理を解説するシェフ

  ラ・スカーラの料理長マレッツオ氏とペストリーシェフのローラン氏
  シェフ下村の作業に興味津々な二人のシェフ

  協力的なシェフやスタッフのおかげでイベントも順調に進ん行く。 
 


【写真3】 協力しながら盛付をするキッチン

 ホテルの総料理長ナム氏も盛付に参加 
 今回のイベントは、連日満席、キャンセル待ちも出る程の大成功。
 今まで実施したゲストシェフのイベントの中で最高の入客だったそうです。

 

【写真4】 ホテルのGMとシェフ達

 スコータイホテルのGMのメドーウズ氏とシェフ下村を中心に
 ホテルの総料理長ナム氏の他、今回のイベントの主要スタッフと共に、
 イベントの成功を記念しての一枚。 


【写真5】 最終日 レストランのスタッフと共に

 仕込から一週間、共に過ごした仲間達。
 普段は物静かなタイのスタッフもイベントを終えてホッとしたのか、
 はじける笑顔が印象的な一コマ。

 
 現地の「タイランド レストラン アンド ニュースマガジン」「Harper's Bazaar」に
 エディションの特集記事が掲載されました。詳細は、下記pdfをご覧ください。
  ↓↓↓


?「Thailand Restaurant News」.pdf

 ?バンコク版 「Harper's Bazaar」.pdf

21-25/54件  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >
RECRUIT 求人情報